奥山まり

みかんソースのひと口ステーキ・クリーミーポテト添え奥山まり

みかんソースのひと口ステーキ・クリーミーポテト添え

クリスマスやご褒美ディナーにおすすめのシンプルなうま味とみかんソースがポイントの至福のヒレステーキいかがでしょう♪

ブラックペッパーとみかんベースのソースをたっぷりかけて、牛乳と煮たクリーミーポテトと一緒に味わうのがおすすめです。

塩を振ってから焼いてくださいね♪

ブランデーを赤ワインに代えるのもおすすめです。
今回は、ヒレ肉をひと口大に切って使用しましたが、大きめブロックでももちろんOK。サーロインなどでも同様に。

クレソンはお好みのハーブやなければベビーリーフなどでも。お肉には塩を振っておくことでうま味や水分が外へ出るのを防ぎしっとりと仕上がります。

クリーミーポテトを作る際の牛乳は、じゃがいもがしっかり浸る程度を使用します。鍋の大きさによって加減してください。

ブランデーがない場合は、強火で赤ワインを入れ馴染ませて蓋をします。

材料(2人分)

十勝ハーブ牛ヒレブロック240g
【A】塩適量
【A】ブラックペッパー適量
ブランデー(または赤ワイン)大さじ1
じゃがいも2個
【B】牛乳適量
【B】塩ふたつまみ
【C】砂糖小さじ1
【C】有塩バター5g
【D】にんにく2片
【D】オリーブオイル大さじ1~2
【E】みかん1個
【E】醤油小さじ2
ブラックペッパー適宜
クレソン適量

レシピに使われている商品

みかんソースのひと口ステーキ・クリーミーポテト添え十勝ハーブ牛
フィレブロック
購入はこちら

つくり方(20分)

下準備

十勝ハーブ牛ヒレブロックは4cm角に切り【A】を振り10分おく。にんにくは皮と芯を取り除き2mmの輪切りにする。みかんは絞り、果汁を用意する。

  • 1じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、厚手の鍋に【B】と合わせて入れ、中火にかける。沸騰したら吹きこぼれない程度の火加減で煮る。
  • 2牛乳が半量程度になり、じゃがいもに火が通ったら火を止め、マッシャーまたはハンドブレンダーでなめらかなペーストにする。【C】を入れて弱めの中火にかけてヘラで混ぜながら、鍋底にのの字がかけるかたさまで煮詰め、器に盛る。
  • 3フライパンに【D】を入れて弱めの中火にかけ、にんにくを返しながら香りを移し、薄いきつね色になったらキッチンペーパーに取っておく。
  • 43のフライパンを強火〜強めの中火で熱し、十勝ハーブ牛ヒレ肉を焼く。焼き目がついたら裏返し、ブランデー(または赤ワイン)を振ってアルコールを飛ばし、火を止め蓋をして余熱で火を通したら器に盛る。
  • 54のフライパンをそのまま中火にかけて【E】を入れ、ソースを作る。
  • 6器に盛り、粗挽きブラックペッパーを振って3のガーリックチップとクレソンを添える。
奥山まり

このレシピの料理家

奥山まり

料理研究家・(一社)オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ

北海道・札幌にて、マンツーマン料理教室【OTOKOMAE KITCHEN】を主催。「身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張りすぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟」をモットーに程よい暮らしを提唱。

店舗プロデュース・レシピ開発他、フードスタイリング撮影にて活動中。

Instagram

この記事をシェアする

公式SNSをフォローする

その他のレシピ

Copyright © Nobels Food Co., Ltd. All Rights Reserved.